注目記事
デザイン

ワクチン接種当日に急遽モデルナからファイザーに変更になった話

ポニたん(@umk_poni)です。

 

コロナ禍がまだまだ続く2021年。
ついに私の元にもワクチン接種券が届いたので、打って来ました。

そのときの話を備忘録として記事に残したいと思います。

ワクチン接種前

ワクチン接種はあくまでも自己判断なので、最初は打たない予定でした。

周りの人の話を聞いて、副反応が重たい、体に悪影響がある…等、いろんな話が飛び交っていたので怖かったからです;

でも専門家のお話を伺っていると、誤った情報がありましたし、いつどこで感染するか分からず不安な状況が続いていたので、ワクチンを打って少しでも安心したいなという気持ちが日に日に増していきました。

ワクチン接種当日

朝から不安と怖さでいろんな想いを巡らせていた中、接種時間の2時間ほど前に一本の電話が。

話を聞いてみると…

・モデルナの在庫がなくなった
・ファイザーなら予定通り打てる
・モデルナ希望の場合は接種日は未定

…といった状況。

モデルナでの集団接種は私が受ける3日前に始まったのですが、予約が殺到してすぐに切れてしまったそうです。

 

打てるならどちらでも良かったので、ファイザーを打つことにしました。

 

持ち物と服装

会場では以下が必要になりますのでお忘れなく!

・接種券 ※必須
・本人確認書類(公的に発行されたもの)
・予診票
・学生証(学生さんの場合)
・お薬手帳・肩を出せる服装

私の場合2回目の予診票が届いていなかったのですが、受付時にもらえたので忘れても何とかなると思います。



会場

仕事を切り上げてさっそく会場に向かいました!

緊張で道に迷いながらもなんとか到着。(会社から30分ほどのところが接種会場でした)

会場の様子

予約時間の30分前に行ったのですが、すでに激混み。

受付の方も大変そうな様子。心からお疲れ様です…!!

受付で名前を記入後、予約の確認と2回目の接種券をもらいました。

ファイザーの場合、2回目は3週間後(正確には3〜6週間後とのこと)と言われていますが、当初モデルナの予定だったからか4週間後の日にちで確保いただいていました。

 

あまりにも早く会場に入っても待ち時間が増えるだけですので、5〜15分前くらいに到着するくらいに向かえば大丈夫そうでした。

地域について

受ける地域と届いた接種券の地域が異なると、会場で打てない場合があるそうです。

私は打つ前に確認が取れたので大丈夫でしたが、知らずに会場に来ると帰らざるを得ない状況も見かけました。(かなり粘ってる人もいたのですが、それでもダメでした;)

仕事や予定を切り上げて来場したならショックですし、事前に会場に確認しておくのをお勧めします。




いざ接種

緊張のピーク。

 

接種時間になったら同じ時間帯で予約していた人が一斉に呼ばれます。

病院で問診票と接種券を渡した後、また少し待機時間があって、その後が本番です。

 

 

ど緊張の中、ついに接種…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???

 

 

 

 

一瞬で終了。

 

 

刺した時間は1秒あったかな?くらいあっという間でした。

先生がすごい慣れている印象で、「打ちます」「はい終わりました」の繰り返しでどんどん打っていきます。アルコール塗りと絆創膏を貼る看護師さんも仕事が早い。

一回で10〜15人くらいでしょうか?1日にどれだけ多く対応されているのかまさに肌で実感。流れる動きに驚きました。

 

私は注射が大の苦手なのですが、ピンセットが少し肌に刺さったくらいで全然痛くなかったです。血液検査や点滴よりも耐えられます。

 

打った後はその場で15分くらいじっとしてます。直後は打った箇所にじんわりする感覚はあったものの、待ち時間で薄れていきます。

質問があれば先生や看護師さんに問いかけて、何もなければ帰れました。

 

あと、帰る際に解熱剤の購入を勧められますが、一刻も早く帰りたい気持ちが強くてつい買うのを忘れてしまったので、後ほどドラックストアで売っている市販薬を買いました!

店員さんに聞いたら馴染みのあるルルも効くということでしたので、お守り代わりに手に入れました↓イブプロフェンが良いとのことです。


とはいえお薬事情は個人によってさまざまありますので、念のためお医者さんや店員さんに確認してから自分に合ったものを買うと安心かと思います。

1回目接種後

接種後の副作用で腕が筋肉痛のような痛みになる・上がらなくなる、熱が出る、体調不良になる…

いろんな情報を聞いていましたが、私は何もなかったです。

1回目は正直解熱剤を飲まなくても大丈夫でしたし、食欲もバッチリありました。

強いていうなら夜中に激しい動悸で眠れなかったくらい。「これって心筋炎とか心膜炎なんだろうか…」と心配でしたが、翌日にはいつもの朝を迎えることができました;;
ものすごい緊張と不安があったので、精神的なものからドキドキしていたみたいです。

私の周りでは1回目は腕が痛くなるという人が多くて、「いててて…」と言いながら仕事をしている人が何名かいましたし、翌々日から熱が出た人もいたりと、個人差がありました。

ワクチン接種後は、できれば在宅勤務にしたり、お休みを取れる状況なら取っておいた方が安心だと思います。




2回目接種後

1回目よりも注射が痛く感じましたが(同じ病院でもお医者さんが違ったからかも)、1回目と同様、全然何ともなし。腕の痛みもなしで終えました!

とはいえ、噂によれば半日以降に副反応がやってくる可能性があるという話なので、まだ気を抜けません。こまめに熱を測っていました。

翌日朝一も問題なし。その他体調も問題なし。

 

が、徐々に悪寒のような寒さを感じるように。

 

これはもしや・・・。

 

 

お昼に熱を測ってたところ、やってきました38

 

そして腕の痛み、倦怠感、食欲不振と次から次へとワクチンの副反応が出てきました。一回目に何もなかった分、一気にきたという感じ。

結局3839台の熱が出続けて寝込むこととなりました;普段風邪を引かないので、久々にしんどいという思い。

やっぱり1回目よりも副反応が起こる確率は高いのかもしれませんね…。

 

具合が悪くなるとお布団から出ることすら辛くなってしまうので、近くに水分補給、栄養補給ができるものを置いておくと安心です!

ワクチン接種を終えて

2回打ち終えて、以下の点においてメリットを感じています!

重症化を防ぐことができる

もしコロナに感染してしまうと、味覚や嗅覚を感じられなくなったり、体調不良の日々が続いてしまうのはとても辛いです。

ワクチンを打ったら絶対にコロナに感染しない、というわけではないのですが、重症化するリスクを減らすことができるのは有り難いです。

精神的に安心感を得られる

「ワクチンを打った」というステータスを持てるので、打たないで外出する際の不安を減らすことができます。緊急事態宣言が解除された後は、気軽に外出できるようになってワクワクがいっぱいです!

気持ちの面で安心感を得られるということは、私の中で大きなメリットとなりました!

周りに移すリスクが減る

家族や友達、会社の人…関わる人たちにとってリスクになりたくないですし、クラスターのような感染の連鎖を防ぐことにも繋がります。

ワクチンを打っているので周りの人に移す心配が少し減りました。

まとめ

打つ前は怖くて仕方なかったですが、今は本当に打って良かったです。

引き続き、手洗い・うがい・マスク・消毒…等、できる限りの感染症対策は行っていきつつ、最大限の毎日を楽しんでいきたいと思います。

 

今回使用した画像は一部LINEスタンプの元になっているので、よろしければ合わせて見ていただけたらとても嬉しいです。

▼LINE STORE
ポニたんスタンプ〜日常編〜
ポニたんスタンプ〜応援編〜

あわせて読みたい
LINEスタンプ
【初心者さん必見!】LINEクリエーターズスタンプ販売方法 たま(@umk_poni)です。今では誰でも気軽に販売可能となった「LINEクリエーターズスタンプ」。今回の記事では申請から販売まで...

 

※ポニたんイラストではごはんを食べている描写がありますが、会場では飲食NGですのでご注意くださいねー!

ABOUT ME
ポニたん
ごはんやデザインのことをつぶやいていくブログです。