お知らせ
デザイン

【初心者さん必見!】LINEクリエーターズスタンプ販売方法

LINEスタンプ

たま(@umk_poni)です。今では誰でも気軽に販売可能となった「LINEクリエーターズスタンプ」。今回の記事では申請から販売までの手順をご紹介します。スタンプ販売のためにはクリエーター登録が必須ですので、事前に登録準備をしておいてくださいね。

申請に必要な画像

以下が必要な画像です。

メイン画像:横370px × 縦320px 1個
トークルームタブ画像:横96px × 縦74px 1個
スタンプ画像:横370px × 縦320px(最大) 8個/16個/24個/32個/40個
画像形式:png
画像解像度:72dpi以上
カラーモード:RGB
容量:1MB以下
※サイズ単位はすべてpixel
※拡張子前の名称は自由、zipファイルでまとめてアップロードも可能
※背景は透過

スタンプ画像は上下左右の端に10pxの余白が必要になるので、トリミングやガイド設定を行ってはみださないようにしましょう。個数は選択式ですが、私は1度の購入でたくさんスタンプを使っていただけるよう40個で設定しています。はじめてLINEスタンプを制作する方は“40”という数字を聞くと「時間かかりそう…」と思うかもしれませんが、1日ひと絵描けば40日後には完成します。そう考えると意外と揃えることは簡単ですよ。

画像解像度は72dpiだと「荒くなるのでは?」と心配になるところですが、実際に使用する際は端末上で小さく表示されるので問題ありません。どうしても気になる場合はサイズを大きめに設定し、後で縮小するなどして調整しましょう。

表示情報の登録

画像の準備ができたら、販売情報を入力していきます。

スタンプ詳細

スタンプ詳細

・スタンプのタイプ:販売したいスタンプの種類を選択します。
・スタンプの個数:後ほどスタンプ編集画面で設定をするので飛ばします。
・言語:英語は必須なのでまずはこちらを設定します。「言語を追加」で日本語を選択し、タイトルとスタンプ説明文を入力しましょう。

販売情報

販売情報

・クリエーター名:英語と日本語での登録が必須です。1度登録するとその後のアイテム登録時に反映されますので、慎重に設定しましょう。
・コピーライト:アイテムの著作権で、表記は「(c)〇〇」や「copyright©〇〇」などお好みで設定可能です。
・テイストカテゴリ:「シュール」や「挨拶」など方向性を選択します。
・キャラクターカテゴリ:「いぬ」や「とり」などキャラクターのテイストを選択します。
・プライベート設定:一般の方向けに販売したい場合は公開を、販売目的ではなく家族や友達限定のスタンプにしたい場合は非公開に設定します。
・LINEスタンプ プレミアム:スタンプ使い放題に提供するか選択します。 
・LINE Creators Collaboration:すでに著作権が存在する作品とのコラボであるかを選択します。

ライセンス証明

最後にライセンスを登録していきます。

ライセンス証明

・写真の使用:スタンプに写真を使用しているかどうかを選択します。
・ライセンス証明書:二次創作などを使用するときに必要で、ファイルの添付で証明書を貼り付けます。オリジナル制作をしている場合は必要ありません。
・作品が確認できるURL:SNSやブログ、ホームページなど、作成したものが掲載されているURLを記載します。個人的には記載があると承認まで早くなる気がします。
・その他、補足事項:申請するにあたり何かあれば記載します。

審査

申請〜承認まで

必要項目の登録を完了したら、「リクエスト」を押して申請を行います。
私は「ポニたんスタンプ〜日常編〜」と「ポニたんスタンプ〜応援編〜」の2種類を同時に申請を行ったところ、審査から承認まで次のように進行しました。

<ポニたんスタンプ〜日常編〜>
・月曜日0時台にスタンプ2種類申請。ステータスは「審査待ち」に
・5日目の土曜日にステータスが「審査処理中」に変更
・6日目の日曜日にステータスが「審査中」に変更
・7日目の月曜日にステータスが「承認」に変更

<ポニたんスタンプ〜応援編〜>
・月曜日0時台にスタンプ2種類申請。ステータスは「審査待ち」
・5日目の土曜日にステータスが「審査処理中」に変更
・6日目の日曜日にステータスが「リジェクト」に変更。修正して再申請
・9日目の水曜日にステータスが「承認」に変更

どちらも約1週間ほどで進みました。土日もスタッフさんが休まずみてくださっているようですので、気長に結果を待ちましょう。

リジェクトされた場合

リジェクトされた場合は、LINE Creators Marketのマイページにある[メッセージセンター]から対象のアイテムを選択することで内容を確認することができます。今回、「ポニたんスタンプ〜応援編〜」は以下のような理由で弾かれました。

メッセージセンター

日常編と同じく販売エリアを日本以外の国を指定したところ、「世界の異なる文化・習慣の観点」でNGでした。(応援編はスポーツ系のスタンプがあったのでそれが原因?)そこで日本のみに絞って再申請を行ったところ、3日後に承認いただくことができました。LINEスタンプを購入するのはほとんどが日本人のようなので、早く承認がもらいたい方は販売地域を日本だけにするのも一つの方法ですね。

販売

販売開始のタイミング

スタンプが承認されたらいよいよ販売です。タイミングは自分で決めることができるので、承認されたアイテムを選択し、「販売開始」を押しましょう。アイテムのステータスが「販売中」に変わったら完了です!
スタンプショップに反映されるまでには時間がかかるようで、私のスタンプは1時間後に表示されました。タイムラグがあってドキドキしますが、ここも気長に待ちましょう。

販売停止をしたい場合

マイページのアイテム管理からアイテムを選択し、「販売停止」を押すことで編集状態に戻すことが可能です。再申請になるため改めて承認までに時間がかかりますが、どうしても直したい場合はこちらをお試しください。

まとめ

LINEクリエーターズスタンプはLINEアカウントをお持ちの方なら誰でも簡単に登録できるサービスですので、ぜひみなさんもオリジナルスタンプを作ってみてはいかがでしょうか。

▼ポニたんスタンプ〜日常編〜
https://store.line.me/stickershop/product/12130194
▼ポニたんスタンプ〜応援編〜
https://store.line.me/stickershop/product/12155155

ABOUT ME
mogtama
mogtama
管理人:たま/ポニたんを通してごはんやデザインのことをつぶやいていくブログです。